野田市 はりきゅう

2018/07/17

毎日暑い日が続きますが体調はいかがでしょうか。ニュースを見ていると毎日のように熱中症というワードが聞こえてきます。皆さん対策はとられていると思いますが今日はその逆、夏場の冷えについて書こうと思います。 

これだけ気温が高いともちろん冷やさないと危険ですが、冷え過ぎの方多いのではないでしょうか。私もその一人、一日中エアコンの中にいますので冷え切った感じです。対策としては簡単、冷えた分あたためること。手段はいろいろありますが私がやっているのは、必ず湯船につかること。それから運動して汗を出すこと(夜、ランニングしています)。飲み物はなるべく常温にすること(アルコールは別!)などです。特にこの時期はシャワーだけですますかたが多いようですが、そういう方の中には夏の終わり頃に腰を痛めるケースが非常に多いです。原因としては胃や腸が冷やされて機能が低下すること。今年に限って言えば梅雨明けが早かったことと猛暑日が多いことを考慮すると、早い時期からこのような症状を訴える患者さんが多いと予想できます。

当院ではこのような症状の方には、お灸をおススメします。腹部、腰部または下肢にお灸をすえることで、深部に熱を浸透させ内臓の働きを活性することで痛みを和らげます。もちろん予防的にも効果あります。このような症状でお悩みの方、是非お問い合わせください。