野田市でギックリ腰のはりきゅう治療なら当院へ!

2018/07/31

早いもので七月も終わり明日から八月、まだまだ暑い日が続きそうですね。先日、夏場の冷えと腰痛について書きました。

早速、先週、ギックリ腰様の症状を訴える患者さんが数名、来院されました。共通して言えることは、重いものを持った覚えもなく、特に痛めた記憶もなく... どうして痛くなったのかわからない人がほとんどです。 身体を診てみるとやはりお腹が冷たく硬くなっていました。色々お話を伺ってみると、冷える環境に置かれている方がほとんどで、かつ冷え対策はしてなさそうです。でも今年の暑さでは仕方ないですね。 

このような症状の方には当院ではお灸を使うことが多いです。腹部全体と脊柱から仙骨まで棒灸にてじっくり熱を浸透させます。するとお腹の奥、また下肢にも熱が伝わり、症状が改善されていきます。もちろん個人差がありますので2~3回かかる方もいます。また、予防的に来院される方もいらっしゃいます。東洋医学でいう未病治、未だ病まざるを治す、まさに理想的です。

心当たりのある方、たくさんいらっしゃると思います。当院にて、しっかり体をケアして猛暑を乗りきっていただきたいと願っております。早めの来院をお待ちしております。